自動車保険見積もり 新規6等級で一番安いのはココ! 見積もりを取ればわかる。 週刊ダイヤモンド 2023年7/8号にも記載されてるよ。

● F1はファンの声を聞け! チーム代表陣、スプリントの“微調整”を止めるべきと主張

thumbnail image◆重要なのはファンが何を望むかだ(F1委員会)F1アブダビGP初日に、2023年最後となるF1委員会の会合が行なわれ、スプリントフォーマットのさらなる微調整が議題に挙がったが、F1チーム代表陣はフォーマットを固めるためにファンの声を聞くべきだと語った。スプリントは2021年の初導入から名を変え形を変え、2023年シーズンにはフォーマット変更と共に6会場で実施された。2024年に向けてF1委員会で話し合いが行なわれたものの、F1関係者は変更内容がどのようなモノになるか明確に結論づけた訳ではない。そのため、スプリントフォーマットの議論はスポーツ諮問委員会で行なわれることになる。F1スプリントはグランプリを台無しにしてしまうという不満の声も多く、リバースグリッドや、パルクフェルメを一時開放して本戦用の予選前にF1スプリントをずらすなどといった改善案が挙げられている。しかし、フォーマットの調整がどのような結果になるにせよ、F1チームの代表陣は、フォーマットをある程度の期間固定する必要があると考えている。そして、この問題をどう対処すべきかについてファンに意見を聞くことを求めている。F1スプリントにリバースグリッドを導入するのは行き過ぎなのではないか、と報道陣がレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表に尋ねると、彼は次のように答えた。「これはリサーチが必要なことだ」「次のステップは、長期にわたって固定されたモノであることが非常に重要だと思う」「スプリントのコンセプトは新しく導入されたモノで、ある地域では非常に人気があり、ある“伝統派”には非常に不評だ」「スプリントがどのようなモノに進化しようとも、長期に渡って一貫したモノであるべきだ」「ファンが実際に望んでいるモノは何なのか? 彼らは今のスプリントフォーマットを楽しんでいるのか? それとも、もう少しレースを見たがっているのか? 彼らのフィ…

このサイトの記事を見る

アクサ自動車保険見積もり満期1日前でもOK!
タイトルとURLをコピーしました